就業規則は、英文・日本文ともに完全対応

外資系企業に特化した
社会保険労務士・
米国公認会計士が
業績UPを徹底的に
支援します。

お知らせ

社会保険労務士法人マーシャル・コンサルティングの強み

バイリンガル社会保険労務士が
外資系企業の
進出・展開を徹底サポート

外資系企業の日本国内へのビジネス進出・展開をサポートします。本国と日本国内の法規の違い、労働習慣を適切に把握しております

就業規則は、英文・日本文ともに 完全対応

社員を活かして企業を活性化させ、組織を繁栄させるために就業規則は大変重要な役割を持っています。

特定社会保険労務士が裁判ではない迅速な解決を実現します

特定社会保険労務士は、ADR(裁判外紛争解決手続き)のうち個別労働関係紛争解決のお手伝いをさせていただくことができます。

英文就業規則の作成

労働問題のプロが最適な英文就業規則を作成します。本社のルールブックに日本の法律を照らし合わせ、日本法人独自の規則作りのお手伝いをいたします。もちろん英語表記、日本語表記、どちらも作成が可能です。

雇用契約書の作成

お客様が雇用契約書のテンプレートをお持ちでない場合、弊社の標準フォーマットをベースに日本の労働法その他の関係法令に沿って作成します。 また、事前アンケートにより、お客様のご要望や労働条件も確認させて頂きます。

人事労務相談

会社経営者様や人事のご担当者様が実際のアクションを起こす前に弊社にご相談いただくことで、安心して問題解決に当たっていただけます。行動を起こす前にまずはご相談下さい。

ハラスメント対策

ハラスメント対策を行っておらず問題が生じた場合、会社の労働環境整備についての義務違反などで、加害者だけでなく会社も損害賠償の責めを負うことがあります。2020年6月にはパワハラ法も施行され、対策が必要です。

ハラスメント研修

2022年4月より中小企業のパワーハラスメント防止措置が義務化となることを受け、具体的にどのような対応をすればよいのかお困りの企業様に向けてハラスメント研修を受け付けております。

組織改革支援

人事労務における組織改革は、社員が働きやすい職場環境を整備し、魅力的な職場づくりを行い、優秀な人材を確保し、定着させ、生産性と競争力をUPすることで会社の業績を向上させる経営戦略です。

掲載誌

社会保険労務士法人
マーシャル・コンサルティング

〒220-0004
横浜市西区北幸2丁目9-40 銀洋ビル8階

MASHR CONSULTING Corporation Labor and Social Security Attorney
8F Ginyou Building 2-9-40 Kitasaiwai, Nishi-ku Yokohama-city, Kanagawa 220-0004

TEL

045-594-7315

FAX

045-594-7316

E-Mail

mashr-hr@mashr.co.jp